管楽器奏者のための    ソルフェージュ教室

・譜読みに時間がかかる
・細かい音符が出てくると急にリズムが
 分からなくなる
・音程が悪いと言われてしまう
・楽譜に書いてある音と自分が出している音が
 合っているのか分からなくなってしまう
・運指は合っているのに音が違うと言われる

このようなお悩みをお持ちの 管楽器奏者のみなさんへ

当教室は、ホルンの実技レッスンを中心に
トランペットやコルネット、アルトホルンの
生徒さんが通ってくれている『ホルン教室』
ですが・・・
音感やリズム感に不安のある吹奏楽部全員が
通える、ソルフェージュに特化したクラスを
新たに開講いたしました

こんな方が対象です

・いまからピアノを習うことは考えていない
・楽器を持っていないからレッスンには
 通えないと思っている
・進路はまだ決めていないが、引退するまでは
 部活を続ける
・My楽器を購入したから今後も続けたいと
 思っているが、想像以上に難しくて
 断念しかけている
・学校帰りや仕事終わりにさくっと済ませたい
・日中や仕事終わりなど、時間が空いている
 ときに通える教室を探していた

楽譜が読めない リズム感 音感 初心者

ソルフェージュってなあに?

・初めて見る楽譜をスラスラ読める
・正しい音程で歌う・演奏できる
・正しいリズムで歌う・演奏できる
・音を聞いて耳コピができる
・聞いたとおりに楽譜が書ける

リトミックとソルフェージュのちがい

似た言葉で、リトミックがあります。

リトミックは、音楽を使って、感覚や音感を
向上させる訓練です。
子どもが音楽遊びなどを通して、音感や人間力
をつけるレクリエーションのようなもので、
あくまで「人間力の向上」が目的です。

対してソルフェージュは、楽譜の読み方など、
音楽の基礎を身につけることを通して
音楽能力を向上させる訓練です。
より深く音楽を理解して演奏するための
もので、「音楽そのもの」が目的です。

もちろん乳幼児期からリトミックを始めるのに
越したことはありませんが、いまこのページを
見ている方は既に小学生、中学生、大人の方
など、努力して楽譜を読んできた方だと
思います。

音楽の基礎を身につけ、音楽能力を向上
させれば、努力することなく、自然にスラスラ
楽譜を読んでその通りに演奏することが
できるようになります。

音楽は才能と言われたりしますが、それは
音楽の基礎、楽譜のルールを理解してから
努力を重ねた結果と言えます。
教科書を読まずにテストで100点を取ることが
難しいのと同じで、音楽も基礎やルールを
学んでから問題を解く=練習を重ねる ことで
良い演奏をすることができます。

このクラスは、幼少期からリトミック→ピアノ
と順に習い、ピアノレッスンのなかで
ソルフェージュにも触れてきた方ではなく、
吹奏楽部やブラスバンド部、または趣味で
はじめて音楽を始めた小学生~大人の方までが
対象です。

ソルフェージュレッスンは楽器がなくても参加
できますので、対象はホルンやトランペットに
限らず小学生以上で初めて楽器に触れた方に
通っていただいています。

レッスン料金表

月謝:年間36回(月3回)

30分6,000円
60分12,000円

その他習熟度に合わせて教材費が別途必要です